英会話習得術

英会話のメリット

英会話の発音について

英会話習得術日本人は英会話の発音に苦しむ場合が多くなっています。
英会話スクール等の先生はおかしな日本人の英語の発音にも慣れていますから理解してくれますが、海外などでは基礎的な単語ですら通じない場合も珍しくありません。
発音の矯正に取り組むことも大切ですが、ある程度の改善はできても、大して上達しない場合も多くなっています。
大人になると耳が出来上がってしまっていて、音の聞き分け能力が落ちているので、聞き取れず、発声の方も直せない場合が多いのです。
しかし、すべての音が通じないということはありません。
半分以上の単語については通じるはずです。
日本人の苦手なものが組合わさっているような単語を使わないようにすれば、問題は解決します。
もしくは、通じなかったら、他の言い方や単語で同じことを言えるようにしておくと良いです。
例えば、TRAVELという単語には日本人が苦手なRやVやL等が含まれているので通じない可能性は高くなります。
しかし、TRIPに変えればRが一回だけなので例え音が不適切でも相手が分かってくれる場合が増えます。

英会話と作文の関係について

英会話は聞き取りと口頭での即興の英作文を行うものだと考えると良いです。よって、たくさんの英文を速く作れるようになれば英会話も上達します。 英作文をたくさん行いたかったら、考え事を全て英語で行うようにすると良いです。こうすることで常時英作文をすることとなり、どんどん口から英語が出てくるようになってくるからです。これが厳しいなら、まずは日記などを英語で書くようにすると良いです。 自分がよく言うフレーズを覚えていけば、聞き取りも発話もできるようになります。覚えるのは文章だけではなく、文章の音も覚えるようにしなければなりません。音を覚えていないと、聞き取れなかったり、発音できなかったりするからです。 書いた文章はできればネイティブスピーカーにチェックしてもらうと良いです。こうすることで、より適切な文章を作れるようになりますし、語彙や用法も正しく使いこなせるようになるからです。ブロークンイングリッシュにならないようにするためには先生によるチェックも必要です。

Valuable information


プレゼント 酒 

2019/4/26 更新