英会話習得術

いろんな基準となるTOEICとは

いろんな基準となるTOEICとは

いろんな基準となるTOEICとは TOEICは留学や就職の際にも英語力の基準になります。英語力を必要とする会社では、毎年TOEICのスコアをチェックし、個人個人のスキルアップの基準にしています。
英語の実力を知るには世界的にも最も有名なテスト、TOEIC。そのスコアで目標にするレベルがわかります。
それにはまず自分がどのレベルにいるのかテストを受けてスコアを知るのが第一歩。しかし、何も準備をしないで受けるというのはおすすめしません。逆に言うと、過去問を解いたり、対策をしっかりするとスコアはぐんとあがります。
まず、初心者レベルはスコア400、大学新卒レベルはスコア500、転職、中途採用に最低必要なスコアは600、ビジネスで最低限、英語でコミュニケーションが取れるスコアは730と言われています。
自分が一体、どこにいるのか、そして、どこを目指すのか。それを明確にするのはTOEICです。
学習は毎日地道な努力が必要ですが、それが確実な力につながります。

企業も重視しているTOEIC

グローバル化が進む国際社会で、今や英語ができるのは当たり前と思われる時代なので就職や転職をするときに企業が英語力を見るのに参考にするのがTOEICの成績です。
全世界共通のテストなので語学力の判別がしやすくて、スコアによって大まかな英語力を知ることができるので高いスコアを持っていれば履歴書に書くことができて有利になります。
文法や読解が中心の英検と違ってTOEICはリスニングや日常会話の表現に重点を置いた試験なので、実践的な英会話のスキルを証明できて特に外国の会社と提携している企業や外資系の会社で働きたいときには採用担当者に英語力をアピールすることができます。
TOEICのスコアを上げるコツは毎日地道に練習をすることなので、通勤通学途中にヒアリングの勉強をしたり、単語を毎日少しずつ覚えたり、過去問を何回も解くなどを繰り返していればスコアアップが狙えます。
就職や転職で有利になるために頑張って勉強を続けましょう。

おすすめWEBサイト 5選

時計の修理を依頼

Last update:2018/5/24