英会話習得術

英会話のメリット

英会話 リーディング力を上げる方法

英会話習得術英会話と聞くと、話す力や聞く力を伸ばすことが上達の秘訣と思う人が多いと思います。
しかし、今はインターネットの時代。
相手と直接話さずに、メールなどで交流/交渉することも、英会話の一種と呼ぶことが出来るでしょう。
英語の文章を読むには、リーディング力の向上が不可欠です。
一般的には、英語の本を読めば良い、と言われますが、自分に興味のない内容の本を読んでも効果はありません。
文学に興味がない人が、リーディング力向上のために英語の文学作品などを読んでしまったら、英語嫌いになりかねないのです。
リーディング力を自然につけるためには、自分が興味を持っている内容の英語の本や、読んで楽しいと思える英語の本を見つけて読むことが大切です。
映画が好きな人だったら、最近よくある、英語の台詞と日本語訳の両方が載った本などがオススメです。
若い女性だったら、同年代の女性主人公が活躍する小説でしたら楽しいと思いながら読み進めることが出来るでしょう。
このような勉強法を続けていると、英語を読んでいるという意識がだんだんなくなり、英語を読む、ということに抵抗がなくなってきます。

英会話にはイディオムの暗記が必須

英会話にはイディオムの暗記が必須です。
難しい単語よりも日常会話では簡単な単語の組み合わせで話すことが多いからです。
イディオムは知らなければ意味を推測できないものも多いので、暗記するのが一番です。
数多くのものを暗記すれば、日常英会話に使われている文章の多くを網羅できるようになります。
また、数多くのものを暗記すれば、単語の意味や背景知識、ニュアンス等も分かってきて、英語の理解も進みます。
まずは高校までに習ったものを復習するようにすると良いです。
多少、ニュアンスの理解が異なっていたり、不適切な説明もあったりしますが、一度は習ったことなので勉強しやすいはずだからです。
ニュアンスについては新たに学び直しておいた方が無難です。
例えば高校英語ではput onという連語と意味が近いものを選べという問題があり、答えはwearということもありました。
しかし、put onは着るという動作であり、wearは着ているという状態なので意味は近くても同義語ではありません。

注目サイト

頬骨削り

2019/8/7 更新